ベンゾゾピン系抗不安薬

不安感を和らげる作用があります。
副作用としては ねむけ、ふらつきがありますが、逆に
眠気を催す⇒特に眠気の強いものは睡眠導入剤としても使用可能です。
筋肉の弛緩作用⇒肩こりや頭痛など、筋肉が過剰に緊張したために起きている症状は多少軽減します。

抗不安薬としては次のようなものがあります。どれを選択するかは、どのような症状を改善したいのか、どの程度までの副作用なら我慢できるか、薬の作用している時間、といった個々のケースに求められる状況により微妙に変わります。
ソラナックス、デパス、リーゼ、セルシン、レキソタン、ワイパックス、セディール等

睡眠導入剤としては、
●超短時間型(2時間):マイスリー
●短時間作用性(3-4時間程度のもの):アモバン、ハルシオン、ルネスタ、レンドルミン、
●中時間作用性(6-8時間):サイレース、ベンザリン
●長時間作用性(8時間以上):ユーロジン、ソメリン、ダルメートなど
です。一般に短時間作用性のものは、服用後比較的速やかに入眠できる、一方長時間作用性のものは熟睡できる、といった特徴があります。したがって早く寝てかつじっくり寝たい、という場合には両方の薬を併用することになります。
ベンゾジアゼピンではありませんが、メラトニンという睡眠をつかさどるホルモンを調節することで睡眠の効果を得やすくするロゼレム、あるいは覚醒と睡眠に関与するオレキシン(脳内伝達物質)に作用するベルソムラという薬も発売されました。朝に眠気がのこる場合があります。

医院について

〒273-0005
船橋市本町7-5-14
カーサフェリーチェ1F

電話番号
047-422-3300
診療科目
精神科、心療内科
・発達障害
・うつ病
・パニック障害
・統合失調症
・その他(応相談)
地図

JR船橋駅北口から徒歩3分。東武デパートとヨーカドーの間の道を通り、突き当りを右に曲がったらすぐに当院のマークが目に入るでしょう。